ゆるのBlog

このサイトは40代後半になって一型糖尿病になった私が、体調不良での症状や悩みなどを解決するため体験や解決法などを書いたブログです。

          スポンサーリンク

【糖尿病】初期症状自覚症状がない実際に経験した 15個の症状

スポンサーリンク

スポンサーリンク


2




糖尿尿の症状は初期の段階だとほとんど気づきません。自覚症状がないんですよね。
初期の症状として、頻尿や多尿、のどの渇き、痩せる、太る、ひどい空腹感、皮膚の乾燥やかゆみ、手や足に痛みやしびれ、疲労感、感染症にかかりやすくなった、目のかすみ、切り傷や皮膚の傷が治りにくくなった。などの症状があります。チェックして心当たりがあれば糖尿病を疑ってもいいかもしれません。今回は私が実際にあった症状を当時の体験と一緒に紹介したいと思います。

 

 

こんにちは、ゆるです。

糖尿病】初期症状自覚症状がない実際に経験した

15個の症状

 

のどが渇いて多飲になる症状

 
 多尿の症状が出ると、体の中の水分が多量に使われてしまうので、脱水状態になります。脱水になると、のどの渇きを感じてそれを改善しようと多量に水分を取ってしまいます このような症状を多飲と言っています。
 
 私もほんとによく飲んでましたね。
友人と食事に行っても友人はお水のおかわりをしなくても食事を済めせてましたが、
私は何度もおかわりして友人もあきれていましたね。それだけ水分を取っているのに又すぐに喉が渇いていました。
 

 

空腹感の症状

 
基本満腹感が増すと血糖値が上がって空腹感になると血糖値は下がります。

しかし長い間高血糖状態が続いてしまうと、満腹感と空腹感の境界がわからなくなってしまって正常に機能しなくなってしまい、血糖値が高くても空腹感を感じます。

 
 私も食べても食べてもお腹が空くので、それまであまり食べていなかったお菓子なども急によく食べるようになっていました。当時、高血糖になっていて空腹の症状が出ていたのに空腹に我慢できなくて食べていたのだから知らないうちに糖尿病を悪化させていたわけですよね。

 

痩せる 症状

 
糖尿病になるとブドウ糖をうまくエネルギーに変えることができないようになります。 なので急にやせるてしまうことがあります。

ダイエットもしていないのに、1カ月に2kg以上やせることもあります。

 

 

当時は食べても太らなかったので調子にのって食べてましたね。自分は食べても痩せる体質に変わったのだといい方に解釈して糖尿病になっているとは想像もなかったです。

 

 

眠気

 

糖尿病の人が食後に特に強い眠気に襲われるのは、血糖値の上がり下がりが関係しています。食後は誰でも血糖値が上昇しますが、糖尿病や糖尿病予備軍の人は血糖値の上昇が普通の人よりも大きいのです。

 

よく寝ていたはずなのに朝からあくびばかりしていました。当時お昼の1時までの仕事をしていて、帰って遅めのお昼ご飯を食べた後に眠気に勝てず、夕飯の準備の時間まで昼寝をしていました。食べてすぐに寝る行為はホントによくなかったですね。

 

頻尿や多尿などの症状

 

糖尿病になると腎臓の機能が悪化するため、トイレが近くなったり、尿の量が多くなるります。

糖尿病になると血液中のブドウ糖が多くなり過ぎると、腎臓はブドウ糖を多量の水分と一緒に尿として排出するようになります。

なので尿の量や回数が増えてしまうんですね。こういう症状のことを多尿と言っています。

 

のどが渇いて 水分を取るのでトイレもよく行くようになっていました。夜中に2回行く日も増えていました。どこかに出かけた時はトイレの場所を先に確認するようになっていましたね。今思ってもそれだけトイレにいつでも行けるようにと不安だったのだと思います。

 

 

疲労感などの症状

 

疲労感とは、だるさや倦怠感などのいつもの生活が送りづらいと感じるといった疲れた感覚のことです。
そんなに動いてないのにちょっとしたことで直ぐに疲れたり、今までに感じたことのない疲れが出ます。

 

 

 いつもならどうもなかったことなのにすごく疲れて、家を片付けていてもしんどくなるので休憩ばかりして作業が進まないんですね。どこに行ってもすぐに座りたくなってしまって当時は年なのだからしょうがないと思っていました。

 

感染症によくかかる

高血糖が続くと細菌、ウイルス、などに対する抵抗力が弱くなってしまい、インフルエンザや結核など 感染症の全般にかかりやすくなります。

 

風邪やインフルエンザにも何年もかかったことがなかったのに糖尿病の発覚する前にインフルエンザにかかってしまって、その当時子供が受験の年だったのインフルエンザを子供に移してしまい災厄な母親だったんです。

 

 

その他に感染症といえば歯周病になってしまいって歯を抜く事になりました。

 

 

 

www.yuru3324.com

 

 

切り傷や皮膚の傷が治りにくいなどの症状

 

糖尿病になると傷が治りづらかったり、傷が腫れやすく化膿しやすいなどの症状が 出てくる場合もあります。

軽い傷と思い放置していたところ、完治までに意外と長い期間がかかるんですよね。

 

切り傷なんかも2,3日すれば傷口も治りかけていたのがまた開いてきたりしていました。それに血が止まりにくくなっていました。

 

 

目のかすみなどの症状

 

視界の全体あるいは一部がかすんだり、ぼやけたりすることを「かすみ目」と言います。かすみ目と言っても、人によって見え方が違ってくるんです。

例えば、ピントが合わないとか、白っぽくかすんで見えるとか、薄い膜がかかったように見えてはっきり見えないなど、人によって表現の仕方もいろいろあるようです。

 

 私の視力は1,2で悪くわはないんですよね。それなのにぼやけるという症状が出ていました。なかなかピントを合わせるのに時間がかかるようになっていて、その症状も糖尿病の初期症状だとは気づかず、歳を取ると乱視が出て来ると聞いていたので歳のせいだと思っていました。

 

皮膚の乾燥やかゆみなどの症状

肌の乾燥やかゆみを感じた場合にも、糖尿病と関連している可能性があります。
糖尿病になると血流も悪くなるにで、皮膚に必要な栄養や酸素が行き渡らなくなって、乾燥やかゆみにつなが出てくるんですね。

 

虫に刺されたり何もなっていないのに体全体が何故か、かゆかったですね。アレルギーにでもなったのかと思うくらい体のあちこちがかゆかったです。

 

手や足に痛みやしびれなどの症状

 

神経障害の影響で、足に軽いしびれやむくみなどが起こることがあります。

 血糖値が高い状態が続くと、しびれや痛みを感じたり、その逆に感覚がなくなるなどの症状が出る場合があります。

 

 私は今でも時々あるんですけどね、急にピリピリとして電気が走るような数秒だけの痛みが出る事があります。指先や足の先などよくなっていました。

 

 

その他の私の症状

 上記の症状以外にも実際私が出ていた症状を紹介します。

 足がつる

足を毎日のようによくってました。それも何故か右足ばかりでした。

 

まぶた痙攣

右の下のまぶたがピクピクと1日によくなっていました。こちらも右の下まぶたばかりでした。

 

色んな所にデキ物が出来る

当時しこりのあるデキ物が体のあちこちに出来るようになっていました。お腹やお尻や脇の下などやらかい場所に出来るんですよね。脇の下の時は乳がんの疑いが有っては困るからと切りました。

 

 汗を掻く

それまであまり汗が出ないタイプだったのが頭からダラダラ掻くようになっていました。

 

私にはなかったその他の初期の症状

 

私は自身には症状は出ていないのですが、症状が出たという人が多かった症状を紹介します。

 

 

 太る症状

痩せると反対に太ってしまう人もいます。

原因は余分なブドウ糖が増えて、脂肪細胞にとり込まれると肥満を引き起こしてしまいます。肥満になるとインスリンの働きが低下して、糖尿病の悪化につながってしまいます。

 

 

 

 最後に・・

糖尿病の症状ですが、初期の段階だとほとんどの人が気づかないんようです。
私もそうでした。
糖尿病になってみて、そういえば今回紹介した症状がすべて出ていたなぁて後で気づいたんですね。

症状に気づいて病院に行くとすでに重症化していたりします。重症化するとなかなか血糖値も下がりにくいので、少しでも心当たりがあれば検査をしてもらって下さいね。

私のように症状があっても自分の都合のいい解釈をして後悔のないようにして下さいね。


*早めに内科の受診することをおススメしますね。


糖尿病】初期症状自覚症状がないまま実際に経験した

15個の症状

 

 

www.yuru3324.com

 

 

www.yuru3324.com

 

 

www.yuru3324.com

 




最後までありがとうございました。

          スポンサーリンク