ゆるのBlog

このサイトは40代後半になって一型糖尿病になった私が、体調不良での症状や悩みなどを解決するため体験や解決法などを書いたブログです。

          スポンサーリンク

虫歯治療に使う金属のニッケルが薄毛の原因になっている

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

      f:id:aki656:20200927175614p:plain

 

 

虫歯治療に使用される銀歯、ニッケルという金属から金属アレルギー反応が起きて薄毛の原因になっています。今回は虫歯治療に使う金属のニッケルが金属アレルギーを起こして、なぜ薄毛の原因になっているかについてお話します。

 

 

 

 

虫歯と薄毛の関係

 
実は 虫歯治療に使用される銀歯が薄毛の原因として注目されています。

虫歯の治療に使われる金属のせいで薄毛になることがあるらしいのです。

 

虫歯を削った箇所に埋める詰め物の金属に対してのアレルギー反応が髪を抜けさせてしまうというものです。

 

 

金属アレルギー

   

 金属アレルギーは馴染みがない

アレルギーと聞けば、山や林が多いので花粉アレルギーが一番に注目されてしまいますね。

なので金属によるアレルギーはそんなに馴染みがないです。

 

金属アレルギーと聞けば、アクセサリーやピアス等によるかぶれと考えてしまいがちです。

しかし皮膚だけでなく発毛組織に対してもアレルギーの反応が起こるんです。

 

 それはニッケルという金属によって起こります。

 

ニッケルとは

 
 
             虫歯イラスト に対する画像結果
 
 

 

ニッケルとは輝きのある銀白色をした金属元素のことです。

 虫歯の治療でよく使われている金属です。

  ニッケルという金属にアレルギー反応

 金属アレルギーはニッケルという金属がアレルギー反応を起こす最も多い物質です。

髪の毛の老化現象を引き起こす金属もニッケル以外はほとんど確認されていません。

 

金属アレルギーは、女性の急激な異常脱毛が問題化されたことが発端です。

原因不明のまま「ある日突然に髪が異常なほど抜け始めてなくなってしまった」など

という症例が多くあります。

 

報告のほとんどに虫歯治療の詰め物にニッケルが使用されていたことと強いアレルギー反応が出たことなんです。

 

  

幼少時の虫歯治療(金属アレルギー)が薄毛の原因

幼少時代の時期の歯科治療にニッケルが非常に使われていた事実があります。

治療の歯が多ければその分だけ体内に蓄積されている金属のイオンも多量となりますね。

なのでそれだけアレルギー発症が強く疑われることになります。

 

ニッケルアレルギー発症まで時間がかかる

ニッケルアレルギーは花粉のように大量に飛散するものではないので、体内吸収が非常に遅いため、詰め物にニッケルが多用されていてもアレルギー発症までには時間がかかるのです。

 

ニッケル脱毛症

ニッケルを使って歯の治療をしたニッケル脱毛症は現在の30代から40代に最も多いと思われます。

 

アレルギーチェックと歯科治療

歯にニッケルの詰め物がある場合は、皮膚科でニッケルのアレルギー診断を受けることができます。

 

検査でアレルギー反応が出た場合は歯科受診でアレルギーがある旨を伝えればセラミック等の詰め物に変えてくれます。

 

 

 

 アレルギーの許容量

   

アレルギーの発症と個人差については人それぞれで、人によって許容量の個人差が激しくアレルギーは各個人のアレルギー許容量をオーバーすることで発症します。

アレルギーを受ける環境に居続ければ、いずれ身体の許容量を超えてしまうという理屈です。

 この症例は性別を問わずに発生し、一定のアレルギー許容量を超えると急速に髪が抜けてしまうのが特徴です。

 

 許容量の違いで発症も違ってくる

元々の許容量が小さければアレルギーをすぐに発症してしまい、許容量が大きければ

一生発症しないかもしれないということですね。

  

歯に詰めた金属が時間をかけて許容量をオーバーさせてしまって、アレルギーを発症させて過敏に反応してしまい、髪に影響を及ぼしてしまうことなんです。

 

  

今までのお話で、薄毛を引き起こすニッケルという金属というのはわかりましたね。

ではそもそも金属アレルギーがなぜ髪を抜けさせてしまうのかを考えてみましょう。

 

 

 金属アレルギーがなぜ髪を抜けさせてしまうのか

 

金属イオンが溶け出してアレルギーが起こる

金属から金属イオンが溶け出す 身につけている金属から金属イオンという物質が体内に溶け出して取り込まれていく現象が起こります。

これはピアスやネックレス、ブレスレット等の金属であれば共通して起こるもので歯の詰め物に使用された金属でも同じです。

 

 免疫細胞が発毛する物質を攻撃

アレルギーの許容量を超えると免疫細胞が反応して発毛する物質を免疫細胞が異物だと思って攻撃をしてしまって発毛機能を止めてしまいます。

ひどい場合には現在ある髪を一気に急速な脱毛へとしてしまいます。

 

 金属アレルギーも重い軽いがある

花粉症を発症している人でも症状の重い軽いがあるのと同様に、金属アレルギー症状にも重い軽いがあります。

必ずしも全員すべての髪が奪われるほどのひどい症状があらわれるとは言い切れないのです。

金属アレルギーが重なると金属アレルギーそのものの影響があるのか判別が難しいとも言えます。

 

 

 

歯の治療で薄毛も改善

         薄毛イラスト に対する画像結果

 

 

  歯科治療も技術が進んで、アレルギーへの認識が発展したことで銀歯の活用は多くの歯科で最低限とされることが多くなっています。

 

男性型脱毛症の改善

 特に男性の場合は男性型脱毛症の改善が見込まれにくい場合には過去の虫歯治療の影響しているかもしれません。

 

男性型脱毛症を治療しているが思ったような効果が得られない場合は虫歯治療を疑う必要があるのです。

 

もしも金属アレルギーで髪が失われても、ニッケルに接触して吸収される機会を取り除いてやることで髪はすぐに再生することがあります。

 

  

男性型脱毛症

 

AGA(男性型脱毛症)はそもそもホルモン代謝異常が起きてヘアサイクルを短縮させる症状です。

男性型脱毛症の発症リスクは男性なら誰もが持つています。

 

 金属アレルギーだけが男性型脱毛症の原因ではない

男性型脱毛症の大半が脱毛ホルモン代謝と合わさった状況で薄毛を招くということです。

 

弱い金属アレルギー反応であっても男性型脱毛症のホルモン代謝の異常が

一気に薄毛を進行させてしまうのも事実です。

 

銀歯があっても『薄毛の原因は金属アレルギーで歯を治療さえすれば改善する』と思うのではなく、知識を持って脱毛ホルモンの薄毛の原因を同時に考えるのも大切です。

 

金属アレルギー反応は薄毛の原因として、銀歯を別の詰物に変えても、男性型脱毛症治療の大半が脱毛ホルモン代謝と合わさった状況で薄毛を招くということもあるということです。

 

 

最後に・・

 

男性型脱毛症治療していても、なかなか薄毛が改善しない、急激な薄毛に襲われたと

いう様な心当たりがある人は、ニッケルの金属アレルギーではないかもしてませんが、それでもアレルギーチェックをおこなうことが薄毛改善のおおきな前進に繋がるかもしれませんね。

 

脱毛治療の参考になれればと思います。

 

 

今回は 虫歯治療に使う金属のニッケルが薄毛の原因になっているについてでした。

 

 

最後まで読みいただきありがとうございます。

          スポンサーリンク