体調どんな感じですか?

このサイトは40代後半になって一型糖尿病になった私が、体調不良での症状や悩みなどを解決するため体験や解決法などを書いたブログです。

糖尿病合併症、三大合併症、その他の合併症。

12



 
こんにちは、ゆるです。




糖尿病神経障害,糖尿病性網膜症,糖尿病性腎症は三大合併症と呼ばれています。
入院の時に糖尿病教室で、合併症の怖さやいろんな勉強をしました。
三大合併症のことを(しめじ) と教わりました。
  ・し は糖尿病神経障害,の 神。
  ・め は糖尿病性網膜症,の 目。
  ・じ は糖尿病性腎症の 腎。と教わりました。


今回は糖尿病合併症についてお話しします。








1糖尿病神経障害




糖尿病神経障害は早期から出現し、自律神経から感覚神経へと障害が進展する。
細胞毒としての 多発神経障害のほか、栄養血管の閉塞から多発単神経障害も同時に起きる。  

 自律神経障害としては胃腸障害(便秘/下痢)、発汗障害、起立性低血圧、インポテンツ等。  
   感覚神経障害としては末梢のしびれ、神経痛、不随意運動(糖尿病性舞踏病)などである。
 多発単神経障害としては、一時的な黒内障もみられる。

不思議なことに、末梢神経障害は糖尿病にかかっている時間の長さとは関係しない。
  自律神経障害は糖尿病にかかっている時間の長さと関係する。
  胃腸障害は、現時点での血糖値に影響されるため糖尿病にかかっている時間の長さと関係しない。



2糖尿病性網膜症




糖尿病による網膜症です。
白内障緑内障をはじめとする眼科疾患の原因となるほか、 硝子体出血、牽引性網膜剥離虹彩血管新生などにより失明に至る。
後天性失明では最多である。
定期的な眼科受診、レーザー治療などで失明を予防することができる。
基本的には慢性期の合併症だが、治療方針によっては血糖コントロールがついても網膜症によって失明してしまうことがあるため、糖尿病の治療前には眼科受診が望ましいといわれている。
また網膜症が出現すると、腎症も出現しやすいそうです。



3糖尿病性腎症




糖尿病の患者でタンパク尿が指摘され、徐々に体がむくむネフローゼ症候群という病態になって 腎不全となり、治療をしなければ死にいたる病気です。
日本において透析導入の原因の第1位である。
糖尿病の治療を行い、予防できなければ、進行を遅らせたり、透析、腎移植を行う以外有効な治療法は確立していない。
網膜症がなければ出現しにくい。




4その他の合併症




〇大血管合併症   
     ・虚血性心疾患、(狭心症心筋梗塞
   ・脳梗塞、   
     ・閉塞性動脈硬化症  大血管合併症の中では心筋梗塞が最も多いそうです。

〇皮膚合併症・・糖尿病の神経障害によって、感覚が鈍くなったり、血管障害で血流が滞り、からだの隅々に栄養が行き渡らなくなったりすると、皮膚組織の感染症が増えてきます。
糖尿病では皮膚が乾燥する場合があり、痒みによる引っ掻き傷から感染することがあります。
陰部や爪、趾間のカンジダ症や、足白癬(水虫)になりやすいと言われています。

〇下肢合併症・・足を失うことを示してるんですが、糖尿病足病変には足に生じる水虫や細菌の感染、足の変形やタコ、また、ひどい状態になると足の組織が死んでしまうことがあります。
糖尿病患者さんは足の血管が狭く細くなっていることがあります。
足の感覚が低下するなどの 神経障害を合併していることもあるために痛みなどの症状が出現しにくく、重篤な状態になるまで気づかれないこともあります。
なので重症になっても気づかない場合もあります。




11





まとめ



糖尿病にはいろんな合併症があります。

代表なのは、糖尿病神経障害,糖尿病性網膜症,糖尿病性腎症は三大合併症と呼ばれています。

合併症は本当に怖いのです。

合併症はその他にもいろいろありまして、糖尿病になると感染しやすいのでいろんな所に ばい菌が入ってしまいます。

糖尿内科だけでなく色んな科の病院の定期検査をしなくては行けまっせん。


私の場合は糖尿病から歯周病になり歯科も定期検診を受けてる一つです。





最後までお読みいただきありがとうございます。