ゆるの暮らしに役立つBlog

このサイトは40代後半になって一型糖尿病になった私が、体調不良の症状で悩んだ事や解決するために体験した事を書いたブログです。

          スポンサーリンク

生活の中で薄毛を意識する瞬間10選

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

f:id:aki656:20210322230106p:plain

 

 

[: contents]

 

薄毛に気付く時

私は糖尿病の発症と同じくらいの時期から薄毛に悩んでいます。

 薄毛が気になり始めたといっても一日中薄毛のことを考えているわけではありません。

何気ない生活の中で薄毛のことを思い出して怖くなる瞬間があるんですよね。

ではどんな時に薄毛を感じ怖くなるのか紹介したいと思います。

 

 

薄毛を意識する瞬間10選

  
 

1ブラッシングをする時

 

シャンプーをする前にブラッシングをするといいと言われてやっていましたが、ブラッシングをすると髪の毛が多く抜けてしまうのではないかと怖いです。
 

 

2シャンプーをする時

 

シャンプーする時にどうしても力強く洗うことがあります。

かゆいからと言って爪をたてて洗ってしまうと頭皮にいいわけがありません。

なので力が入りすぎないように慎重に洗っています。

 

3シャンプーをすすぐ時

 

髪の毛を洗うと大量に髪が抜けてしまいます。髪の毛が一番抜けたと感じるときは
髪をすすぐときです。
1日の中でシャンプーの時に抜たと感じることが半分以上ですからね。
それはみなさん一緒だと思うんですけど、薄毛が気になりだしてからは髪を洗った後の抜けた量をみて鳥肌が経つくらい多く感じます。

 

4髪を乾かす時

 

髪を乾かす時にはどうしても髪を揺らして乾かすので抜けてた髪がとどんどん落ちてきます。その量を見ると怖くなります。

 

5髪をセットする時

 

 

ヘアセットの時にはスタイリング剤としてどうしてもヘアスプレーなどを使っています。

スタイリング剤頭皮にあまりよくないので普段は付けないようにしていますが、出かけるとなるとやはり使ってしまいます。

使う時には頭皮にできるだけ付かないようにと気を付けながらやっていてもスタイリング剤が付いてしまって薄毛を悪化させていると思うと怖くなります。

 

 

 

6朝起きた時

 

 

朝起きると枕に髪の毛が結構ついてます。
あ~また寝ている間に抜けていると怖くなります。
寝返りをした時に摩擦で抜けるのでしょうか。
 
 

7自分の姿を見た時

 

外出時などふと自分の姿が映る場面がよくあります。

そんな時にはまず髪に目がいって髪の薄さを実感してしまいます。

 

 

8薬を飲む時

 

 私の飲んでいる血糖値を下げる薬には副作用として薄毛の症状もある薬もあります。

でも飲まないと血糖値が高くなるので飲んでますが薄毛には悪影響だなと思いながら飲んでいます。

 

 

9腹部を触った時

 

冷え性は薄毛を招く原因の一つです。特に内臓の冷えはよくありません。

なのでできるだけ冷たいものは控えるようにはしていますが、胃のあたりを触ると

いつも冷たく感じるので冷えは薄毛にはよくないなと思い出してしまいます。

 

 

 

10父親に会いに行った時

 

私の父親は40代の頃からすでにハゲていました。

父親の親族の人も髪が薄い人が多いのです。

なので父親が自分も同じようになるのではないかと髪を意識してしまいます。

 

 

最後に・・

ブラッシングやシャンプーが原因で抜けるのではなく元々抜けている髪の毛がブラッシングやシャンプーによって出てくるようです。
それでもあまり強くやってしまうと抜けてない毛も抜けてしまします。
優しくブラッシングやシャンプーをするように気を付けます。

 

 

今回は生活の中で薄毛を意識する瞬間10選でした。

 

最後まで見ていただきありがとうございます。

          スポンサーリンク