体調どんな感じですか?

このサイトは40代後半になって一型糖尿病になった私が、体調不良での症状や悩みなどを解決するため体験や解決法などを書いたブログです。

歯周病が全身の病気を引き超すについて

 

f:id:aki656:20200604171610j:plain

 

こんにちはゆるです。

歯周病になると糖尿病だけじゃなく全身の病気にも影響を及ばす恐れがあるそうなのです。

内毒素という毒がありまして、 内毒素とは、細菌の細胞壁に含まれる毒物で、細菌が死滅しても毒は残ってしまうそうです。

歯周病菌はその内毒素を体中にまき散らすそうです。

怖いですね。。

 

今回は歯周病が全身の病気を引き超すについてお話しします。

 

 

 

1歯周病と心臓病

 

動脈硬化は、不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因とされていましたが、別の原因として、歯周病原因菌などの細菌感染がクローズアップされてきました。
歯周病と心臓病には深い相関関係があり、歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラーク(粥状の脂肪性沈着物)が出来血液の通り道は細くなります。
プラークが剥がれて血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まります。

心臓だけではなく、脳梗塞なども同じように発症するんですね。

 

2歯周病と肺炎

 

肺や気管は、咳をすることで異物が入らないように守ることができます。

しかし、高齢になるとこれらの機能が衰えるため、食べ物などと一緒にお口の中の細菌を飲み込み、その際むせたりすると細菌が気管から肺の中へ入ることがあります。

その結果、免疫力の衰えた高齢者では誤嚥性肺炎を発症してしまいます。

歯周病は肺炎まで引き起こすんですね。

 

 

3歯周病と骨粗しょう症

 

閉経後骨粗鬆症の患者さんにおいて、歯周病が進行しやすい原因として最も重要と考えられているのが、エストロゲンの欠乏です。

エストロゲンの分泌が少なくなると、全身の骨がもろくなるとともに、歯を支える歯槽骨ももろくなります。

歯周ポケット内では、炎症を引き起こす物質が作られ、歯周炎の進行が加速されると考えられています。

多くの研究で、骨粗鬆症と歯の喪失とは関連性があると報告されています。

閉経後の女性は、たとえ歯周炎がなくても、エストロゲンの減少により、歯周病にかかりやすく、広がりやすい状態にあると言えます。

 

4歯周病と肥満

 

 

歯周病は肥満を引き起こし、肥満が歯周病を悪化させることが明らかになってきているようです。

体脂肪率、ウエスト/ヒップ比いずれについても、その値が高いほど深い歯周ポケットを有している割合が高くなっているようですね。

肥満の人には歯周病の患者が多いて事のようです。

肥満の人に歯周病が多いだけでなく、歯周病は肥満の原因にもなり得るのではないかと考えられています 歯周病菌に付着している炎症物質は、常に血中に移行しています。

それによって肥満が起きているとは言い切れませんが、その可能性は否定できないようです。

 

5歯周病と妊娠

 

 

調べてみると、一般に妊娠すると歯肉炎にかかりやすくなるといわれているようで、

これには女性ホルモンが大きく関わってくるといわれています。

特にエストロゲンという女性ホルモンがある特定の歯周病原細菌の増殖を促すこと、また、歯肉を形作る細胞がエストロゲンの標的となることが知られています。

プロゲステロンというホルモンは炎症の元であるプロスタグランジンを刺激するそうで、 これらのホルモンは妊娠終期には月経時の10~30倍になるといわれています。

妊娠中期から後期にかけて妊娠性歯肉炎が起こりやすくなるみたい。

基本的には歯垢が残存しない清潔な口の中では起こらないか、起こっても軽度ですみますので、妊娠中は特に気をつけてプラークコントロールを行んなければいけない。

油断すると出産後に本格的な歯周病に移行する場合もありますので注意が必要ですね。

 

 

まとめ

 

歯周病になると内毒素と言う毒物を体全体にまき散らしてそれが全身にいろんな病気を発症させるんですね。

歯周病て怖いです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は歯周病が全身の病気を引き超すについてお話ししました。

 

前回は、歯周病と糖尿病の関連性についてお話ししてます。

よかったらこちらもどいぞ!

 

www.yuru3324.com

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。