ゆるのBlog

このサイトは40代後半になって一型糖尿病になった私が、体調不良での症状や悩みなどを解決するため体験や解決法などを書いたブログです。

          スポンサーリンク

【蚊に刺されやすいこんな人】10選と蚊が寄ってこない対策

スポンサーリンク

スポンサーリンク

         f:id:aki656:20200620203544j:plain

 

 

 

 

 

梅雨に入るとむしむしと暑い毎日が続いて、蚊が増えてくる時期がやってきます。

蚊に刺されるとついかいてしまい跡が残るのも嫌ですね。

出来るだけ刺されないようにしたいものです。

今回は蚊に刺されやすい10のこんな人と蚊が寄ってこない対策を紹介します。

 

 

 

 

蚊がふえる時期

 
 蚊が最も盛んに活動するのは、温度が25〜30度です。
 
近年は温暖化で夏だけではなく秋になっても暑さがおさまらないので、蚊がいつまでも活動しているので嫌ですよね。
蚊は、刺されるとかゆくなるだけではなく、感染症をまねく危険な虫です。
 
でもどんな人が蚊に刺されやすいのか10の刺されやすい人を挙げてみました。
 
 
 
 

蚊に刺されやすい10のこんな人

 

 

1体温の高い人

 

体温が高い人のところに蚊は寄ってきます。

実際にどの体から血液を摂取しようとするかは体温を見て決めているのだそう。

 

 

2汗をかく人

  

運動したあとは、大量の炭酸ガスと汗が出ます。

その後、休憩しようと風通しの悪い木陰で休むと格好の蚊の餌食になりますよ。

ヒトは汗をかくことによって、乳酸と皮脂が結びついて、蚊の大好きな臭いを放ちます。

その他滝のようにだらだら汗をかく人よりも、ほどほどに汗をかき、肌がじっとりしている程度の方がむしろ刺されやすくなります。

 

3お酒を飲んでる人

 

 

アルコールが分解される際に発生する大量の二酸化炭素によって、蚊が集まりやすくなります。

飲酒後、外をふらふら歩いていると、呼気の炭酸ガスに誘われ蚊がやってきます。

 

 

4男性の人

 

どちらかといえば、女性よりも男性のほうが蚊に刺されやすい。

それは女性よりも男性のほうが体温が高い人が多いし汗も女性よりも男性のほうがよくかくことが多い。

 

5太っている人

 

 

蚊は丸い形の物と平たい板では丸い形のものに誘引される傾向があるようです。

同じ丸くても対象物の大きさによって、効果は変わるかも。

 

 

6血液型がO型の人

 

A型よりもO型の血液を好んで蚊は吸うことが分かっています。

蚊が血を吸う目的は血液そのものではなく、血中のタンパク質なのです。

タンパク質の傾向が血液型により異なっていることが、刺されやすさの差異を生む原因のようです。

 

 

7香水をつけてる人

 

蚊は産卵期以外は、花の蜜を吸って暮らしています。

花のにおいを模した香水は、調合次第では、蚊を引き寄せることもあります。

柑橘系の香水は蚊が嫌がる場合もあります。

香水をふだんつけている人は注意してみてくださいね。

 

 

8黒い服を着てる人

 

明らかに白より黒に蚊は寄っていくという結果が出ています。

蚊に刺されやすいなぁと思っている人は黒は避けるほうがいいです。

黒っぽい服装はさけ、白や明るい色のものを選ぶ。

肌に密着した薄着だと服の上から刺されることもあります。

ゆったりめの服を着るといいでしょう。

 

 

 

9下の階に住んでる人

 

 

2階に上がっただけで、1階に比べて蚊が出る確率は格段に下がります。

野外には、2階以上の高さでは蚊は出ません。

ただ、風に乗る、エレベーターに乗る、荷物や宅配便などに付着していた。など、

「うっかり上の階に行ってしまう」ことはあるので、ご注意してください。

 

 

 

 

10細菌コロニーを持っている人

 

 おじさんと若い女の人ではおじさんのほうが蚊に刺されやすい勝手なイメージを

持ってるんですが・・

女の子の足が無臭だとしても、足の臭い父親よりも、蚊が引きつけられていたというのです。

その原因が皮膚上に潜む細菌の種類に依存しているのではないかという結論が出ました。 

同じ家族であっても皮膚の細菌コロニーにはそれぞれ違いが生まれるため、

父親がおじさんであっても女の子の生成される化学物質が異なるため、蚊に刺される頻度に影響してくるというです。

いくら無臭の足でも細菌コロニーが多いと蚊に刺されやすいようです。

 

*蚊に刺されやすい人は足の裏をこまめに洗ったり殺菌すると刺されにくいようです。

 

 

 

蚊が寄ってこない対策

 

 足首から下をアルコールでよく拭く

蚊に刺されやすい人は足の常在菌の種類が非常に多いといいます。

足をアルコールのついたティッシュでふきとり、菌を減らすことで蚊に刺さされる回数を減らすことできるのだそう。

足をアルコールで消毒するほか、石鹸で足と足の指の間をよく洗うことも効果があります。

 

ビールや炭酸水を部屋に置く

蚊は、人から発せられる匂い、熱、炭酸ガスに反応して近づいてくることがわかっています。

部屋に飲み残しのビールや炭酸水などを置いておけば、そちらに蚊が反応して、蚊に刺されにくくなります。

ハッカ油スプレーをふきかける

ドラッグストアで販売されているハッカ油には、防虫効果があります。 

これを無水エタノール10m、精製水90ml、ハッカ油20~30滴と混ぜれば虫除けスプレーになります。

水たまりに注意

蚊の幼虫(ボウフラ)は、水の中に生息しているので 、家のまわりに雨水の溜まった古いバケツや空き瓶、植木鉢などがあったら、中の水を捨てて乾燥させるといいですね。
 

 扇風機を使う

蚊は、時速2.4キロメートルとかなり遅い速度で飛んでいます。

扇風機を人に向けてつけると、蚊が扇風機の強い風に負けて、人に近づくことができなくなるので蚊に刺されるのを防げるかもしれません。

 

 

 

最後に・・

 

蚊に刺されやすいのは、体の大きな人、活動的な人、体をよく動かしてる人など、

二酸化炭素をより多く吐き出している人ですね。

他、O型で息が荒く、体温が高くて汗かき、かつ蚊が好む皮膚細菌コロニーを持ち、黒い色の服を好む人は蚊に刺されやすい可能性があるということです。

心当たりのある人は注意してくださいね。

 

 

今回は【蚊に刺されやすいこんな人】10選と蚊が寄ってこない対策ついてでした。

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

          スポンサーリンク