体調どんな感じですか?

このサイトは40代後半になって一型糖尿病になった私が、体調不良での症状や悩みなどを解決するため体験や解決法などを書いたブログです。

これさえやっておけば新型コロナウイルスが予防できる?について・・

 

 

f:id:aki656:20200610155307j:plain

 

 

 

 

 

こんにちは、ゆるです。

 

 

前回は新型コロナウイルスってどんな感染症?についてお話ししました。

 

 

www.yuru3324.com

 

 

 

新型コロナウイルスにならないように、日常的に予防を心がけている方も、

改めて正しい予防方法を確認して、

自身が感染しないこと、他の人に移さないことに注意が必要ですね。

 

 

今回はこれさえやっておけば

新型コロナウイルスが予防できる?につい

てお話しします。

 

 

 

 

 

 

13つの密(密閉・集・密接)って?

 


 感染を予防するためには、基本的な感染予防の実施や不要不急の外出の自粛、

「3つの密」を避けることが必要です。
 

    1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)

    2.密集場所(多くの人が密集している)

    3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や共同行為が行われる)

という3つの条件のある場は、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。

 屋外でも、密集・密接には要注意です。

人混みや近距離での会話、特に大きな声を出すことや歌うこと、激しい呼気や大きな声を伴う運動は避けましょう。

 

 

気を付けて心掛けること・・

 

   ・他の人と十分距離を取る。

   ・窓やドアを開けこまめに換気

   ・野外で密着する運動は避けましょう。

   ・少人数のだと大丈夫。

   

   ・飲食店でも距離を取りましょう。

   ・会話をするときはマスクをつけましょう。

   ・電車やエレベーターの中では会話を極力しないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

2正しい手洗い、うがいのやり方

 

 

 

f:id:aki656:20200611142127j:plain

 


 ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。

外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに石鹸で手を洗いましょう。

アルコール消毒をしましょう。

洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしてください。

 

 

手の正しい洗い方

 

①流水で手を濡らし、石鹸を手に取り、手のひらをよくこすります。

②手の甲を伸ばすように洗います。

③指先と爪の間を念入りに洗います。

④指の間を洗います。※指先や指の間は洗い残しやすい部分ですので、十分に洗うようにしましょう。

⑤親指と手のひらをねじり洗いします。

⑥手首も忘れず洗います。 こまめに手洗

 

 

いする。

 

くしゃみや咳などを抑えた手から、ドアノブなど周囲の物にウイルスを付着させないよう、こまめに手洗いを行います。

 

正しいうがいの仕方

 

①水を口に含み、少し強めに口の中をゆすいで吐き出します(2〜3回)。

②水を口に含み、上を向いて15秒ほど、のどの奥でガラガラうがいをしまします。

 

※手洗いうがいはこまめにやりましょう。

 

 

 

 

3咳エチケットとは?


 咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、

マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。
 対面で人と人との距離が近い接をしない、互いに手を伸ばしたら届く距離でおよそ

2mとされています。

一定時間以上、多くの人々との間で交わされる環境は、リスクが高いです。

感染しやすい環境に行くことを避け、手洗い、咳エチケットを徹底しましょう。

 

 

4正しいマスクのつけ方

f:id:aki656:20200611142402j:plain

 

 

正しいマスクのつけ方

・鼻と口を確実に覆い、隙間がないように装着します。

・同じマスクを使いまわしはせず、取り換えましょう。

 

 

5間違ったエチケット

 

間違ったエチケット

   

   ・何もせずに咳やくしゃみをする。

   ・咳やくしゃみを手で押さえる。

   

 

そんな時の対策。

 

・他の人から顔をそらしましょう。

  ・くしゃみや咳の飛沫は、1~2m飛ぶと言われています。

  ・くしゃみや咳をするときは、周りの人にかからないようにします。

  ・感染経路の中心は飛沫感染及び接触感染です。

  ・人と人との距離をとること  

  ・外出時はマスクを着用する

  ・家の中でも咳エチケットを心がける

  ・さらに家やオフィスの換気を十分にする

 

 

 

 

最後に・・  

 

十分な睡眠などで自己の健康管理をしっかりする等で、自己のみならず、他人への感染を回避するとともに、他人に感染させないように徹底することが必要です。  

愛護に閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等の症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。

無症状の者からの感染の可能性も指摘されています。

 

何事も油断は禁物です。

 

 

 

 

 

 

今回は、これさえやっておけば新型コロナウイルスが予防できる?についてお話しししました。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。