体調どんな感じですか?

このサイトは40代後半になって一型糖尿病になった私が、体調不良での症状や悩みなどを解決するため体験や解決法などを書いたブログです。

女性が男性より歯周病にかかりやすいってホント?

f:id:aki656:20200607193008j:plain

 

 

 

 

女性は男性よりも歯周病になりやすいようです。

それには女性ホルモンが関係してるようです。

 

女性には歯周病にかかりやすい時期が人生な中で3回もしくは4回あるといわれています。

 

今回は女性が男性より歯周病にかかりやすいってホント?

についてお話しします。

 

 

 

 

1女性が男性より歯周病にかかりやすいってホント?

 

 

女性のほうが男性よりも歯周病にかかりやすいのは、歯周病のプラークの中の細菌と女性ホルモンが密接にかかわっているためです。

女性には歯周病にかかりやすい時期が人生で3回あるいは4回あるといわれています。

 

 

 ・初潮期

この時期は女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が多量に分泌され、

そのため歯肉の血液循環が促され歯肉は刺激に対して敏感になり炎症を起こしたりします。

これがホルモン性歯肉炎で悪化すると歯周炎に進行したりします。。

 

 

 ・思春期

女性ホルモンがつくられ始めるこの時期は、身体つきが丸みを帯びるなどの肉体的変化が現れます。

月経の度に歯茎の晴れや発赤など、歯肉炎になりやすくなります。

これを思春期性歯肉炎と呼びようです。

プロゲストロンとエストロゲンという女性ホルモンが増加することによって、歯肉の知覚が敏感になり、ちょっとした刺激でも大きな反応が現れ、人によっては痛みを伴う場合があります。

思春期は人間関係や将来の不安などでストレスを感じやすい時期でもあります。

試験前後の時期や受験を控えていると、寝不足やストレスにより体の抵抗力が低下し、歯肉炎を起こしやすくなります。

イライラやストレス、不安を解消する方法を見つけて習慣づけることが歯周病予防に繋がります。

 

 ・妊娠期

 

 

妊娠中は食生活の偏りや、唾液の質の変化、ホルモンバランスなどが大きく変化する時期です。

妊娠と共に女性ホルモンが大量に分泌され、歯肉溝内での濃度が上昇し、歯肉の晴れ・出血などの症状が現れます。

つわりを繰り返すこともあるため、歯ブラシが口の中に入るだけで気分が悪くなり、十分にケアできていないケースが多くみられます。

そうすると、口腔内が不衛生になり歯周病の原因となるプラークを溜めやすくなるため、歯周炎を起こしてしまいます。

妊娠前に歯科医院で受診して治しておくのがベストですが、歯磨きがしづらい時期はキシリトールガムを噛むなどをして、唾液の分泌量を確保するのが効果的です。

 

 

 ・更年期

 

 

女性は40代〜50代にかけて更年期を迎えます。

更年期とは、閉経前後の数年間のことです。 この時期になると、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量や、唾液の分泌量が急激に減っていきます。

そうすると、歯肉に痛みが走ったり、味覚の異常が起こったりなど、様々な症状が現れるようになり、歯周病になりやすいです。

更年期に目立つのは骨が弱くなる骨粗鬆症です。

骨粗鬆症とは、骨の組織が弱くなり、骨密度が減少する疾患です。

特に女性に多く、女性ホルモン(エストロゲン)が減少する更年期に増加すると言われています。

骨粗鬆症の症状が進行し、骨の密度が減少してしまうと、口の中にも影響を及ぼすことになるので、歯周病と大きく関係しています。

 

 

 

最後に・・

 

初潮期、思春期、妊娠期には、女性ホルモンの分泌量の増加が起こり、これに呼応してお口の中(口腔内)では、女性ホルモンが大好きな歯周病菌の一種が異常増殖し、また抹消血管の拡張が起こります。

このため、歯ぐきから出血しやすくなったり、歯ぐきの状態が悪くなるのです。

4つの変革期の中でも妊娠期には、食事回数の増加やつわりなどにより、

口腔内環境の悪化や口腔清掃が困難となることが多いので要注意です。

 

 

 

今回は女性が男性より歯周病にかかりやすいってホント?についておはなししました。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。