ゆるのBlog

このサイトは40代後半になって一型糖尿病になった私が、体調不良での症状や悩みなどを解決するため体験や解決法などを書いたブログです。

          スポンサーリンク

個人事業主さんが確定申告に必要書類である売上や経費の書類について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

    

f:id:aki656:20201016153926p:plain

 

個人事業主やフリーランスとして働いている場合、1年間の収入や経費を自分で計算し、所得税の確定申告をする必要があります。

今回は個人事業主が確定申告で必要になってくる書類、売上の書類や経費の書類、に気をつけることや領収書がない時の対処法など私の経験談と主に紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

確定申告の準備するもの

 

  確定申告をするには、取引をした事の記録がわかる書類の準備が必要になります。

 

所得金額を確定するためには、日頃の取引の記録が必要になりますね。

 

まずは書類の準備をしていきます。

 

それでは 取引の記録に必要な書類について確認していきましょう。

 

 

収入を示す書類

 収入を示す書類には売上が分かる書類が必要になります。

 売上を記録した書類

売上を記録した書類にも事業主さんによって参考にしている書類は違ってくると思います。

 

例えば・・

 ・請求書で申告している人

・領収書を発行した書類で申告している人

・預金通帳に振り込まれた金額で申告をされている人

 

 

請求書

請求書とは、商品やサービスなどを納品した後に依頼主とのあいだで事前に交わしておいた締め日に発行する書類のことです。

 

 

売上の計上漏れがないように

売上は漏れがないように発行した請求書や預金通帳への振込等をしっかりと見直しておくといいです。

 

 

事業で使った経費の書類

  

 経費については、主にレシートや領収書からデータ入力をすると思います。  

 1年分の経費、レシートや領収書、支払いをした明細書などはきちんと保管しておきましょう。

 

その他の支払い方法 

 お仕事関係の支払いをクレジットカードでされている方は明細書も保管してしておくといいです。

預金通帳からも経費の引き落としをされている方は申告年度分の記録はきちんと記帳しておきましょう。

 

 

領収書

領収書とは、代金を受け取った際に発行する書類です。

商品やサービスを提供する側にとっては、その対価として代金を受け取ったことを証明する物になります。また、商品やサービスに対してお金を支払う側が、確実に代金を支払ったということを証明する役割もあります。

 

明細書

支払い明細書とは、様々な取引においてお金を支払ったことを証明するための書類のことをいいます。

明細書は領収書が発行することの少ない場面で使用されることが多いです。

 支払い明細書は、支払いした際に発行される領収書とほぼ同じような扱いとして帳簿で処理ができます。

 

 

 領収書が貰えない場合

   領収書は確定申告にはかかせない書類です。

しかしなかには領収書が貰えないこともありますよね。

 

 

結婚式やお香典など

結婚式やお香典などは領収書はもらえません。

 したがって、経費にするためには結婚式の招待状や会葬礼状などを、支払いの証拠として保管しておく必要がありますね。

その日の日付・支払先、金額・内容などを記録しておいて交際費として作成しておくといいです。

 

自動販売機など

「自動販売機で飲み物を購入」や「バスの利用」などです。

最近は駐車場などの券売機にも領収書発行機能があって簡単に領収書を発行してもらうことができます。

 

もし領収書発行機能がない券売機の場合は、窓口で領収書が欲しいことを伝えると切符を領収書代わりにもらえるケースもありますよ。

 

*領収書をなくしてしまった場合でも、諦めずにまずは発行元へ支払った証拠がほしいことを相談してみるのもいいかもしれません。

 

私の場合はどうしても領収書やレシートが手に入らない場合には日付と支払った項目やと金額をメモっています。

 

 

 

事業の書類で私が気を付けていること

  仕事とプライベートが混合しやすい 

 個人事業主の方は仕事とプライベートが混合しやすいのです。

家で使うものと事業の物を同時に買った場合、事業で使う分だけの領収書をもらうか、

私はレシートを別にしてもらったりしています。

 

領収書よりもレシートの方がわかりやすい

いくつもの商品を買った場合、例えば食品と備品を一緒に購入した場合には、帳簿をつける際に食品と備品では仕分ける科目が違ってきます。

なので内容が記載されているレシートを保管した方が何に使ったか思い出しやすいので私はレシートを保管することが多いです。

 

  自宅でお仕事をされている方

 自宅でお仕事をされている方は、電気代などの利用している場合には、「家事関連費」ととして経費の申告が出来ます。

全額は無理ですけど、私も一部を経費として申告しています。

 

飲食代について

事業関係者との飲食代などは「接待交際費」と申告しています。

従業員の場合は「福利厚生費」で申告するので、相手方をメモ書きで残すクセを付けています。

 

クレジットカード払い

最近はポイントも貯まるので、クレジット払いも多くなりました。

しかし見落としや二重申告をしないように気をつけています。

 最終チェックも忘れずに 最後に、 通帳の引き落としやクレジットカードの明細書にもう一度目を通して、経費の漏れがないかをチェックします。

 

売上の仕分け方

私の自営は預金に振り込まれるのが主な売上です。

他は小売をすることもたまにあって、その場合は請求書は発行せず領収書だけを渡していたので領収書を参考にて売上を付けています。

後は保険や補助金等は「雑収入」として申告しています。

 

*申告をする科目は事業主さんによって仕分け方も少し違ったりもします。

あくまでも参考にしてくださいね!

 

 

 

最後に・・ 

 

帳簿は溜めてしまうと面倒で、やる気を無くしてしまいます。

なので日頃から溜まらないように帳簿付けをやればいいのですけど、つい溜めてしまって年末が近づいてくるといつもバタバタしています。

それが分かっていても毎年同じ繰り返しをしている私です。

余裕を持ってやれるといいですね。

 

 

今回は個人事業主さんが確定申告に必要書類である売上や経費の書類についてでした。

 

最後まで見ていただきありがとうございます。

 

 

 

 

          スポンサーリンク