ゆるのBlog

このサイトは40代後半になって一型糖尿病になった私が、体調不良での症状や悩みなどを解決するため体験や解決法などを書いたブログです。

          スポンサーリンク

【e-Tax】電子申告を始める前に必要な準備

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソース画像を表示
          
 
 
 
 
e-Tax、電子申告は自宅から申告、課税の支払いまでインターネットで出来るのは便利です。
しかし電子申告をするには利用登録や電子証明書が必要で事前に準備をしなくてはいけません。今回は電子申告を始める前にどんなものが必要のか?事前にする準備についてお話します。

       

 

 

電子申告

 

2014年からe-taxという電子申告サービスを使ってインターネットから申告書の提出から納税まで出来るようになりました。

令和2年1月以降からはスマートフォンからでもe-Taxをご利用いただけるようになりました。

 

スマートフォンやタブレット端末からでも納税証明書の交付請求が行えます(税務署窓口で受け取れます。)

 

 eLTAX(地方税ポータルシステム)を利用すれば、支払報告書と源泉徴収票を一括で作成し、送信することができます。

 

e-taxで電子申告するには、最初は利用登録や電子証明書が必要になりますが、

電子申告は自宅から申告、課税の支払いまでインターネットで出来るのは便利ですよね。

 なのでこれからはe-taxを利用して確定申告をやってみませんか?

 

 

e-Tax

         

           f:id:aki656:20201016153801p:plain

e-Taxでは、税務署に出向くことなく、インターネットを利用して所得税、消費税、相続税、贈与税などの申告や法定調書の提出、青色申告の承認申請などの各種手続を行うことができます。  

 

税金の納付も、金融機関や税務署の窓口に出向くことなく、ダイレクト納付やインターネットバンキング、ペイジー(Pay-easy) 対応のATMを利用して全ての税目について行うことができます。

 

ダイレクト納付は

事前に税務署に届出をしておけば、e-Taxを利用して電子申告などをした後に、簡単な操作で、届出をした預貯金口座からの振替により、即時又は期日を指定して国税の納付ができるものです(ダイレクト納付利用届出書は、国税庁ホームページからダウンロードできます。)

 

 

電子申告に必要なもの

 

インターネットに接続できる環境

パソコンやスマートフォンやタブレット端末などのインターネットに接続できる環境 が必要になります。 

 

*Mac OSを利用する場合は、e-taxソフトを利用することはできませが、「確定申告書作成コーナー」を利用することができます。

 

 

 利用者識別番号

 電子申告を行う際は、事前に自身の納税地を所轄している税務署に開始届を提出します。

この届出を行うと「利用者識別番号」を取得できます。

この番号は電子申告を行う上で必要な半角16桁の番号です。

利用者識別番号(半角16桁の番号)が必要です。

暗証番号が記載された通知書です。  (オンラインで発行を受けた通知又は税務署から送付を受けた通知書)

 

 電子証明書

事前に電子証明書を取得する必要があります。

電子証明書とは、電子申告における本人証明書のようなものですね。

電子証明書は、以下の2つを行う際に必要になります。

:e-taxソフトへのログインする時

:メッセージボックスを確認する時

 

*電子証明書は公的個人認証サービスや商業登記認証局などいくつかの発行機関で発行されますが、発行手続きは市区町村窓口で行えますよ。

 *また、IDパスワード方式で電子申告を行う方は電子証明書は必要ありません。

 (電子証明書がICカードに組み込まれている場合には、ICカードリーダライタ等も別途必要になります。ただし、所得税徴収高計算書、納付情報登録依頼及び納税証明書の交付請求(署名省略分)のみを利用する場合には、電子証明書は不要です。)

 

印刷するためのプリンタ

実際に申告等の手続を行う際に、添付書類を別途郵送等で提出する必要がある場合には、申告書等送信票(兼送付書)を印刷するためのプリンタが必要になります。

 

  

 電子申告には2種類の方法

 
・ 電子申告にはこれまで通りマイナンバーカードとICカードリーダーを使って本人認証をする方法です。

 

・あらかじめ税務署へ行って本人確認をし、ID・パスワードを発行してもらって、そのID・パスワードを利用して本人認証をする方法です。

選ぶ方法によって、事前準備が変わります。

 

マイナンバーカード方式

 
マイナンバーカード方式はマイナンバーカードを使って、e-Taxへログインするための手段です。
 
e-Taxへログインするためには、利用者識別番号(数字16桁)及び暗証番号を入力する必要がありますが、 マイナンバーカード方式を利用すれば、マイナンバーカードを読み取って利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)を 入力することでe-Taxへログインができます。
 
これは、マイナンバーカード方式を利用するための手続において、 利用者証明用電子証明書のシリアル番号 と利用者識別番号を関連付け、e-Taxへ登録しているためです。
 
 

マイナンバーカード方式のメリット

 
*利用者識別番号(数字16桁)及び暗証番号の管理が不要です。
利用者識別番号等は、マイナンバーカード方式でログインすれば、メインメニューからの確認ができます。
 
*e-Taxを利用するために事前準備として必要であった電子証明書の登録が不要です。

マイナンバーカードの電子証明書(有効期限:5年間)を更新しても、特に手続をする必要がなく、そのまま利用できます。

 

 マイナンバーカード方式の事前準備

 マイナンバーカードには、電子署名を付与するための電子証明書が標準的に搭載されています。

マイナンバーカードで電子署名を付与できるようにするためには、パソコンに市販のICカードリーダライタをつなげる必要があります。

 

ICカードリーダライタを用意

マイナンバーカードは、表面にICチップが埋め込まれています。

チップが組み込まれている電子証明書を利用する場合は、別途でICカードリーダライタが必要です。

*電子証明書の種類によって、使用できるICカードリーダライタが異なるのでしっかり確認しましょう。

 

ICカードリーダライタは、家電量販店やAmazon、楽天市場で販売しています。

約3000円ほどで購入できます。

 

*スマートフォンのリーダライタモードを使う場合は、ICカードリーダライタは必要ありません

 

 

 

IDパスワード方式

 
 

ID・パスワード方式とは「確定申告書等作成コーナー」でのみ利用できる送信方式です。

 

原則、申告・申請データをe-Taxへ送信する際には、利用者本人がデータを作成し、そのデータが改ざんされていないことを 確認するため、電子証明書による電子署名が必要です。

 

ただし、ID・パスワード方式を利用すれば、「確定申告書等作成コーナー」で作成した申告データを送信する際に、 電子証明書による電子署名が不要となります。

 

これは、ID・パスワード方式を利用するための手続において、事前に本人確認を行っているためです。

ID・パスワード方式の事前準備

「ID・パスワード方式の届出完了通知」が必要です。

「ID・パスワード方式の届出完了通知」の発行は、全国の税務署で発行できます。

運転免許証などで本人確認ができれば、10分程度で発行されます。

 

 

*ID・パスワード方式は、マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応ですので、 マイナンバーカードの取得をご検討ください。

 

  

 最後に・・

 e-Tax、電子申告は自宅から申告、課税の支払いまでインターネットで出来るのは便利ですよね。
私も3年前からID・パスワード方式で電子申告をやっています。来年度の確定申告にはマイナンバーカードも作れたのでマイナンバーカード方式でやってみようと思います。
 
今回は【e-Tax】電子申告を始める前に必要な準備についてでした。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
          スポンサーリンク