ゆるのBlog

このサイトは40代後半になって一型糖尿病になった私が、体調不良での症状や悩みなどを解決するため体験や解決法などを書いたブログです。

          スポンサーリンク

歯周病は赤ちゃんや子供、大切な人にうつしてしまう可能性

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

          f:id:aki656:20200731232925j:plain

 

 

 

 

歯周病は人から人にうつると言われているようですが、ホントにうつるのでしょうか?

そうなんです。歯周病は知らないうちに大切な人にうつしているかもしれないのです。

普段の何気ない日常の中で、赤ちゃんや子供、大切な人に対してたくさんの人がやってることかもしれませんね。今回は歯周病は赤ちゃんや子供、大切な人にうつしてしまう可能性についてお話します。

 

 

それでは、どんな時にうつる可能性があるのか見ていきましょう!

 

  

 

 

 

歯周病はうつる

 

歯周病は、お口の中の細菌による感染症です。

歯周病の原因である細菌は、人から人へうつると言われています。

具体的にはうつる原因は唾液から感染します。

 

子供や赤ちゃんにもうつしてるかもしれない?

 

歯周病は大人から小さなお子さんへ移す可能性があります。

 

大人から子供へ歯周病をうつす可能性

子供や赤ちゃんの口の中には、ともといなかったはずの歯周病菌が、子供や赤ちゃんにうつる可能性であげられるのが、母親などの周囲の大人からの感染です。

 

大人から子供へ歯周病をうつす原因

まだ上手く噛み切れない小さなお子さんによくやってしまいがちなことなんですけど、乳児期に食べ物を噛んで与えることです。

お母さんの唾液に含まれる歯周病菌が、子供に感染してしまうのが原因になります。

 

 

 

食事のときにもうつる可能性がある

 

歯周病を持ってている人と食事をすると歯周病がうつる可能性があります。

 

 

大勢の鍋料理は歯周病がうつる原因

冬といえば鍋料理ですよね。

大勢でつつく鍋料理は歯周病のうつるリスクがあります。

同じ鍋から食べていなくても、薬味のお皿やしょうゆ皿が原因になることも無いとはいえません。

 

 

 同じお箸や食器を使わない

歯周病は食事を一緒に取った人からうつることがあるので、同じ食器やお箸を使うだけでもうつることがあるのです。

菜箸やトングを使って副菜を取り分けただけでも感染することがあります。

フォークやスプーンを使いまわしも避けたほうがいいですね。

 

回し飲みはしない

同じコップで飲んだりすることで感染するケースがあります。

ペットボトルや飲み物の回しなどもうつる可能性があるので気をつけましょう。

 

 

パートナーにもうつしてしまうかも?

 

歯周病は人から人へ感染します。

スキンシップは直接唾液を交える可能性があります。

どちらかが歯周病菌の感染により歯周病がうつる可能性があるのです。

 

歯周病の人は一緒に受信を

誰でもお口の中には、様々な細菌があります。

パートナーどちらかに歯周病がある場合には、一緒に受診をするようにしましょう。

 

 

 

妊婦さんはうつりやすい

 

 妊娠中は、ホルモンバランスの変化や唾液の分泌量の減少によって、歯周病になりやすいようです。

 出産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、歯磨きが不十分になりがちなため、子育て中のお母さんは歯周病には注意が必要なのです。

 

歯周病のお母さんが注意すること

・自分が使ったスプーンで子供に食べさせないようにしましょう。

子供にも自分が使った物は使わせないようにしましょう。

 

・食べ物の暑さを確認する時に自分の口の中に入れたものを子供に食べさせないでください。

 同時に自分が噛んだ物を子供が食べないようにしましょう。

 

 

もしうつしてしまったら気が付くのでしょうか?

 

歯周病菌をうつされたからといってすぐに気づくわけでありません。

歯周病の初期段階では自覚症状はなく気づくことはないでしょう。

 

歯周病がうつっても歯周病になるとは限らない

歯周病菌がうつったからといって、必ずしも歯周病になるとは限らないようです。

原因菌以外に免疫力やストレスや噛み合わせなどのさまざまな条件が重なることで

歯周病は発症しやすくなります。

 

 

最後に・・

歯周病は唾液からうつるということですね。

しかし 必要以上に感染を恐れる必要はないようです。

それでも歯周病はうつる可能性があるので怖いな~て思います。

特に子供や赤ちゃんには十分に注意して気を付けたいですね。

 

今回は歯周病は赤ちゃんや子供、大切な人にうつしてしまう可能性でした。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

          スポンサーリンク